今の仕事は10年後に存在するのか?

 

◆成功のサイクルを回しちゃいましょう◆

福山 紫生(Syo Fukuyama)です。

 

 

読み始める前にぽちっと応援してもらえると

ありがたいです。感謝です。

 

【今の仕事は10年後に存在するのか?】

 

瞑想が大好きな私は、

ふといろいろなことを考えます。

 

社会人になって、30年近く、

コンピュータという処理能力の早い機械に

翻弄されつつも、人間の意地を確認しつつ

そのスピードに追い付いてきました。

 

当時は、携帯電話ではなく、公衆電話が主で

テレフォンカードなるプリペイドカードに

芸能人や美しい景色が映し出されていました。

 

続きはこちらです。

 

今でも、金券ショップ等では販売されています。

 

今や、そのカードが使用できる電話も少なくなりました。

SIMカード(Subscriber Identity Module Card)と呼ばれる

小さいICカードがスマートフォンの中に入り、

個人が移動しながらインターネットで調べて

活動できる時代となりました。

 

GPS(Ground Positioning System)機能の搭載されたスマホで

道順まで案内してもらえ、利便性と言う点では、非常に良くなって

きたのではないかと感じています。

 

では、それだけ進化したツールがあって、

「今の自分のやっている仕事は継続してあるのか」

と考えたところ、

これだけ、進化していたら、

『なくなっても、おかしくはない!』という結論に至りました。

 

続きはこちらです

#2017革命

The following two tabs change content below.
福山紫生

福山紫生

障害を抱える娘と共に頑張って障害を乗り越えようと 現状の会社員から脱出を図ろうと考えている アラフィフのオヤジ、福山 紫生(Syo Fukuyama)です。 『思考は現実化する』という言葉とともに前進あるのみで 大きな夢を実現したく、 まずは、躊躇せずにコンビニコーヒーを購入できるように なりたいと考えています。 また、一期一会の気持ちを大切に、接したすべての人に 幸せを感じてもらえたら、嬉しいですね。 頑張って、良いブログライターになれるよう勉強します。 将来的には在宅での収入を確立し、生活の安定を図り、 そして、家族の時間を有意義に過ごすことが、目標です。 まずは、家のローン返済ですね。(笑)

2 Responses to “今の仕事は10年後に存在するのか?”

  1. 朝日 より:

    福山さん

    こんにちは、朝日です。
    ブログにコメントありがとうございました。

    テレフォンカード懐かしいですね!
    昔コレクションをしていたことを思い出しました。笑

    その頃から考えると時代の進歩は本当に速い・・
    人工知能で失業する職種という記事が出るくらいですからね。汗

    なおさら、自分自身で稼いでいく力が求められる時代になったのだと思います。

    アフィリエイトもその1つですよね。
    頑張れば頑張った分、報酬は青天井ですから、
    お互い頑張っていきましょう!

    P.S.
    『思考は現実化する』はバイブルですよね。
    私もブログで紹介記事を書きました。

    応援して帰りますね!

    • 福山紫生 福山紫生 より:

      朝日さん コメントありがとうございます。

      「思考は現実化する」というナポレオンヒルの本はバイブルになっています。
      原点ですね。

      応援、ありがとうございます。

コメントを残す

サブコンテンツ

FBプチリッチ本なか見探索!無料覗き見&プレゼントキャンペーン



FAプチリッチ本なか見探索!覗き見&無料プレゼントキャンペーンFA



【イイ収入ガ】(イビサ インターネット収入ノウハウ 情報 ガイド)



プチリッチへのインターネット収入ツアー 1日30分から自宅でイージー・ゼロスタート!!



インターネット収入勉強会  ノマディ



新世代アフィリエイトForbit



めるぞう1位獲得 無料レポート インターネット収入マニュアル導入編

インターネット収入の入門書 ゼロスタート、月5万円10万円、 年収1千万円、億万長者まで



次世代型サイト作成システム「SIRIUS」

脱初心者の定番教材 風花初芽

絶対定番ブログテンプレート 賢威

アフィリツールの特典付き!  

3Mブログサイトアフィリエイト

【Power Affiliate】

アンリミテッドアフィリエイト

メルぞうゴールド会員

金字塔!ネットビジネス大百科

このページの先頭へ