まずはこちらをお願いします

成功体質を手に入れるには、
自分が何に「痛み」を関連付け、
何に「快」を関連付けているかを
知ることから始める必要があります。

快楽原則

成功するために
必要な行動を「快」に
関連付けば良いのです。
人は「快」を求め、
「痛み」を避けるという
性質があります。
快楽原則と言います。

 

この原則に従い、
人は無意識的、衝動的に
「快」を追求する傾向です。
「痛み」を避けるために
行動をとります。

 

 

現実原則

快楽原則の対義語が、
現実原則です。
大人になるにつれて、
自分の「快」を求めることが
混乱の原因になることを学び、
現実生活に適応するために、
「快」の追及を一時的に、
もしくは永続的に
諦めることを指します。

人によって、何に
「快」を感じているのか、
何に「痛み」を感じているのか
様々です。この違いが
人の多様性を生み、
そして成功する人と
成功できない人の
違いの原因となるのです。

人の性質としての快楽原則をしり、
自分がどんなことで「快」を求め、
どんなことで「痛み」を避けようと
しているのかを知れば、
成功に向けての
活用法を知ることになります。

 

快楽原則の活用

成功者は快楽原則を理解し、
自分でもその原則を
活用している人が多いのです。
たまに、原則のことを
知らない人もいます。
自然と原則にのっている方も
いらっしゃいます。
ですので、成功している人の
ほとんどは快楽原則を
活かしているのです。

成功への行動に「快」が
関連付けられている人は、
いつでもどこでも成功への
行動をとろうとします。
逆に「痛み」を関連付けている人は、
何かと理由をつけて
あと伸ばしにします。

 

 

積み重ねの差

「快」に関連付けている人が、
1日に30分、1時間と
成功への行動を
積み重ねていることで、
「痛み」に関連付けている人に
どんどん行動の積み重ねで
差をつけていきます。
一日30分、1時間の差であっても、
その時間の差が、
1週間、1ヶ月、1年
積み重なるとどれだけの差を
生じるでしょう!?
その差が、成功と失敗や
挫折の差と言っても良いでしょう。
成功に向かっての活動を
「快」にすれば、成功は自動化、
加速されるます。

では、どうやって成功への行動を
「快」に関連付ければ
よいのでしょうか?
実は、非常に簡単に
「快」に関連付ける方法が。

作業をして報告をすると
「褒めてもらえる」環境に
身を置くことです。

 

コーチング

定期的にコーチングを
受けるなどは良い方法です。
そして、ずっと無料で
コーチングを受ける方法が。
それは、コーチングの練習を
交互できる環境にいることです。

成功への行動を「快」にすること
可能なコーチングをうけることが
できる環境が気になった方は、
まずは無料メルマガ
登録してみてください。

ニュープロ、お勧めです。

The following two tabs change content below.

ヒロスケ

初めまして。ヒロスケと申します。妻と男児3人の5人家族の親父です。仕事は製造業です。コロナ禍によって基本在宅勤務となりました。通勤時間にあたる時間を有効利用するために、ネットビジネスを始めたところです。まだまだ未熟ものですが、日々学んだことのアウトプットのためにもブログを利用しています。私の学びも一読していただけると幸いです。また、ブログの内容についてコメント・アドバイスがあれば遠慮なくコメントを頂けると幸いです