二つのリフレーミングスキルがスピード成功に繋がる


こんばんは。ウェブライターのマサtonです。

まずは、ポチっと お願いします。

今回はリフレーミングについて書いてみました。

●リフレーミングとは?

最初にリフレーミングについてお話します。
リフレーミングとは物事の捉え方や見方、考え方を変えるスキルです。

このリフレーミングは、自分自身の物事の捉え方や見方、考え方に使うだけではなく、
人とのコミュニケーションにでも多く使えます。

●リフレーミングを活用することのメリットは?

リフレーミングを活用する事によって以下のメリットについてお話します。

・自分にとって重要な人に動いてもらうことができる。
・相手のモチベーションを上げて目標に向かって行動してもらうことができます。

様々な出来事や現象など、人によっては見方や持つ意味が変わることで、視点が変わり、人の良い部分に気が付きやすくなります。
あるいは、ある事象について考える思考や印象などを
角度を変えて事象を見ることで
思考や印象を変化させられる事のできるスキルなんです。

●二つのリフレーミングスキルとは

二つのリフレーミングスキルとは以下の通りです。

1.状況・場面のリフレーミング

マイナスやネガティブにに感じた1つのことが違う状況においては プラスやポジティブの意味を持つことがあります。

「一人のお客さんとの話し合いに時間がかかりすぎてしまう」

こういうことってありませんか?
「お客様に丁寧に慎重な行動が役立つ場面があると思います」

時間がかかり過ぎたことでこれが逆にプラスの結果を生むことがあるのですね。

2.内容・意味のリフレーミング

「営業マンとして口数が少ない性格ですから、商品のセールスに向いていない」
口数が少ないということは、他にどんな意味を持つかを考えると、
落ち着いた感じで安心感のある印象を相手に与えられますね。

●まとめ

二つのリフレーミングスキルがスピード成功に繋がるということをお話ししましたが、
状況・場面のリフレーミング と内容・意味のリフレーミングを使い分けることで、
相手に伝える印象が変わり、人とのコミュニケーションがスムーズに進むことがわかりました。

もし、あなたがこの『リフレーミング』以外にも成功するスキルを知って
スピード成功させたいのどであれば、
下記をクリックして無料の資料を是非お手元に取り寄せてくださいね。

こちらをクリックしてね。

下の写真からでもクリックできます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

The following two tabs change content below.
マサton

マサton

17才、色々な都合で高校中退し、家業を手伝う。 24才、またまた諸事情により会社を継ぎ社長になる。 30才、つぶれかかった会社を立て直すことに成功。 34才、意見の相違により退社。 その後、親の会社しか知らない状態で世に出て、極貧生活のはじまり。 自分にできる事といえば、溶接しか無かったので、様々な会社で更に技術に磨きをかけました。 しかし、いくら技術を身につけても収入には限りがあり、フリーランスへ転向。フリーランスになり、収入は増えたが、今度は仕事量が不安定な状態になってしまった。コロナで不安定な状態だった仕事が全く無くなってしまったのがきっかけで、この先が不安になり、何にも影響されない仕事は無いのかと探していて出会ったのがインターネットビジネスです。

2 Responses to “二つのリフレーミングスキルがスピード成功に繋がる”

  1. まひる より:

    状況・場面のリフレーミング と内容・意味のリフレーミングを使い分けることが大切なんですね。勉強になりました。

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

FBプチリッチ本なか見探索!無料覗き見&プレゼントキャンペーン



FAプチリッチ本なか見探索!覗き見&無料プレゼントキャンペーンFA



【イイ収入ガ】(イビサ インターネット収入ノウハウ 情報 ガイド)



プチリッチへのインターネット収入ツアー 1日30分から自宅でイージー・ゼロスタート!!



インターネット収入勉強会  ノマディ



新世代アフィリエイトForbit



めるぞう1位獲得 無料レポート インターネット収入マニュアル導入編

インターネット収入の入門書 ゼロスタート、月5万円10万円、 年収1千万円、億万長者まで



次世代型サイト作成システム「SIRIUS」

脱初心者の定番教材 風花初芽

絶対定番ブログテンプレート 賢威

アフィリツールの特典付き!  

3Mブログサイトアフィリエイト

【Power Affiliate】

アンリミテッドアフィリエイト

メルぞうゴールド会員

金字塔!ネットビジネス大百科

このページの先頭へ